彼女を作る最短の近道マッチングアプリのススメこれで彼女ができました

色々なタイプの彼女がほしい!と思ったらナンパするか街コンに行くか、オフ会などで知り合うか。

しかし、度胸も金も時間も無い、空いた時間で出会いを探すならマッチングアプリが最適です。

真面目に付き合う彼女からセフレまで今ではスマホひとつで簡単に出会えるようになったツールといってよいでしょう。

昔は釣り竿だったのが、投網になったくらい簡単に大量に知り合える。

今までの頑張りはなんだったのだろうと思うほど手頃です。

イイクル
イククルバナー

マッチングアプリで彼女を作る簡単な方法自撮り画像は必ずアップ他

マッチングアプリで出会えないという人は以下の5つができていません。

特に画像は絶対にアップしましょう。風景じゃなくて自分の一番イケてる写真。

これだけで出会える確率は二倍以上になります。

  • 画像はちゃんとアップす盛るだけ盛って一番良い写真を上げる
  • 一人ではなく複数人相手して成功率を高める
  • とりあえずランチで誘う
  • 長文よりも短文でラフに誘う
  • スケベな話題はなるべく出さない

というように、割と肩の力抜いてやった方が出会える確率はあがります。

ヤリ目でもわいせつな発言はしない方が出会えますしスケベな女性とセフレになることも多いですよ。

マッチングアプリのデメリット別れやすい・画像必須・大手じゃないと出会えない

残念ですがマッチングアプリにも当然デメリットがあるので紹介しておきます。

別れやすい

マッチングアプリで出会うことは容易にできるのですが、出会ったきっかけがマッチングアプリだと自分もそうですが相手も浮気しやすい性質があります。

自分に都合が悪いと次へ行けるというのをお互い知っているため

「なんでこの人とイライラしながら付き合う必要があるの?」

とスナック感覚で別れるというのは挙げられます。

そんなことはないという人ももちろん居ますが、絶対数は多くなりますね。

付き合っていたのに急にラインブロックされた経験があって割とショックでした。

イケてる画像の準備が必要

プロフィール画像は絶対に必要です。

賃貸選びでも建物と内装、間取りは絶対に外せませんよね。

文字だけで「いい物件ですから是非入居して下さい」といっても怪しいですしそもそも寄り付きたくない。

良い画像をアップするだけで8割費やせというほど重要。

実際盛り盛りで自分が吐き気を催すほどのイケメン編集画像にしただけでメッセージのレスポンスは3倍に改善しました。

自撮り棒で、屋外、海やオシャレスポットで笑顔撮影がおすすめです。

実は陰キャで引きこもりだとしても多少の盛りはやっておきましょう。

マッチングアプリによっては出会えない

あまりメジャーでないマッチングアプリを利用しても本当に出会えません。

大手だと男のライバルが多いからマイナーな方がいいだろうと思っても肝心な女性が居ないという寂しい結果になります。

大手の方が女性エントリーも多いですし、一度でも聞いた事のあるマッチングアプリを利用されるのが良いですよ。

マッチングアプリでゲーマーな彼女ができて引きこもりライフが増えた

マッチングアプリでゲーマーな彼女と知り合うことができました。

堂々とゲーマーな32歳、おもしろければなんでもやる雑食です。てな感じのプロフィール

もちろん画像はアップしています。

ゲーマー時代今ではネガティブな人ではなくなっていますね。私もゲーマーで日がな一日ゲームして過ごしてます!なんてメッセージ多くいただきます。

意気投合してランチしてヨドバシでゲーム見て盛り上がってって感じで自然と彼女に。

休日はPS4やらスイッチやらやってダラダラお互い好きなゲームを楽しんでます。

共通で好きなゲームがあれば一緒にしますし、そうじゃなきゃお互い別々で無言でモクモクと。

理想の彼女ができたわけです。

一昔ならそんな彼女なんてできなかったわけでマッチングアプリの登場によって本当に便利で豊かになったと感じています。

もしいま彼女がおらず悶々としているなら一歩だけ踏み出してみることをおすすめします。

初期設定は面倒ですが、それ以降はワクワクした毎日を過ごせますよ。

イイクル
イククルバナー