彼女がいない劣等感は彼氏がいない劣等感をかかえる女性を狙うのが得策です

みんな彼女がいるのに自分だけ彼女がいない、自分は駄目な人間男として不能ななのかと劣等感にさいなまれる。

  • 街に出るのも最近自分が蔑まれるようで出たくない
  • 皆が恋愛でうまくいっている中自分だけ取り残されている劣等感がきつい
  • 友達の幸せに対して嫌悪感がある自分に嫌悪感を持つ悪循環
  • 最近のスマートフォンが当たり前になって恋愛が難しくなっているのは間違いありません。
  • 無理してくっついて不幸になっている人よりも全然マシ
  • 一人だからといって駄目と思われることは今は多様性の時代だから気にしないこと

休日繁華街に行くとカップルがたくさんいて、自分は1人浮いているような感じ。

みんな幸せそうなのになんで自分は独りなんだろう。

みんな自分のことを見ているのではないか

と思い、劣等感に苛まれてしまう。

こんなブサイクなやつなのになんで彼女がいるんだろうとも思ってしまい、自分はダメな人間なのではないかとさえ考えてしまい、とても辛い。

繁華街に行ってしまうと、カップルはたくさんいます。

実際そんなカップルが見るのがとても嫌で辛くて繁華街には出たくない、休日引きこもりがちな女性も多くいます。

関連記事:社会人忙しい彼女が欲しい女性も同じ事を考えているのでそいつらとくっつきましょう

結局のところ、目立つ人は目立ちますが、目立たない人は目立たないように行動しているので出会いが尚更ありません。

出会った女性の1人に休日外に出るとカップルだらけで本当に自分が劣等感の塊みたいになって嫌だから、休日は極力外に出ない、

そして尚更出なくなって奥になって彼氏ができなくなったという人も。

そんな1人の寂しい女性を狙っていけば一緒に笑顔で楽しく歩けるようになれます。

関連記事:彼女いない暦年齢やばい

彼女がいなくて劣等感を感じる原因

  • 運が無い
  • 劣等感から恋愛に対して臆病になってしまっている
  • 女性の理想が高いと思っていてそこまで達するまで手が出ない
  • 行動力が欠如してしまっている
  • 極端に女性に対して苦手意識のイップスになっている

自分だけ疎外感を感じているということが大きな原因です。

みんな満たされているのに、自分だけ持っていないということに対して、他より劣っていると感じてしまうのは、人間の本能仕方ないといえば仕方ありません。

だからといって、繁華街に歩いていてもあなたを見ては1人で歩いている、かわいそうと思うような人はほとんどいません。

自意識過剰とも言っていいですむしろ卑屈になって歩くよりも、逆に今1人でいるという自由を謳歌して堂々と歩いていた方が良い空気を取り入れることも十分可能です。

関連記事:彼女がいないつらい

彼女いない劣等感の解決方法は出会いを増やすこと

  • まずは女性とコミュニケーションをとってみることからはじめる
  • 彼女ではなく女性と話す場に行くようにする
  • 一つの成功をきっかけに自分はやればできるのだという小さな成功を積み重ねる道を聞くでも大丈夫
  • 婚活パーティーにとりあえず言ってみるけなされたらこいつは解ってないバカと見下す
  • マッチングアプリを利用し場数をこなす

彼女がいない劣等感を感じているのであれば、彼女を作るしか解決方法はありません。

しかし彼女を作る難易度は低くなりました。

関連記事:誰でもいいから彼女が欲しい

マッチングアプリなら同じ彼氏がいない劣等感の女性が狙える

同じように彼氏がいなくて劣等感を感じている女性も今多くいます。

それも男性が今消極的になっている時代で、女性から積極的に行かないとカップルが出来ない時代。

しかし自分から進んで男性にアタックをしたいというような性格の女性はなかなかいません。

そんな消極的な女性も、このままだと寂しいからといって、マッチングアプリに登録している。

あわよくばいい人いないかなーといった形でエントリーしています。

最近では何かするたんびに、パワハラだセクハラだといった形でみんなで何かするということもえりました。

そういった時代で孤独な人と人同士が会うのに、マッチングアプリは適していると言っていいでしょう。

>>彼女を作る最短の近道マッチングアプリのススメ

彼女いない劣等感のまとめ

男は成功してはじめて劣等感から克服します、小さな成功が大きな自信へとつながるでしょう。

まずは出会いを増やしてみる、そこからきっかで彼女ができる機会が増えます。

リアルでの出会いがなくても今ではマッチングアプリという便利なツールができました。

スマホ片手にベッドの中で遊べばいいだけ。それだけで劣等感から開放されるのですからやらない手はありません。